莉恵の地球儀ブログ 



不思議の国のドバイ


まるでアリスな気分
c0119583_15552555.jpg

世界の4分の1のクレーンが集まる 建設ラッシュが続くドバイ



世界的金融危機にも拘らず オイルリッチなアブダビ政府に甘え



多額な借金を抱えながら 急速に砂漠と海中を開拓し続ける



不思議な国のドバイ
c0119583_15561727.jpg

砂漠の国のオアシスかと思ってやってきたら 



裕福層のローカル達が 街中どこを探しても 見当たらない




イスラム教徒の彼らは 快楽に溺れるこの街から収入を得て



宗教心と相反する 酒あり 儲けありの街を見てみぬふり



矛盾が多すぎて 外からやってきた アリスには理解しきれない
c0119583_16292362.jpg

お金とステータスと職を求めて集まってくる ガイコク人で成り立つ街



タクシー運転手はインド人かパキスタン人 メイドはフィリピン人



裕福層の溢れ余る資金を運用するのは 西洋教育を受けてきた近隣国の優秀人材



レバノン人 エジプト人 ヨルダン人のビジネスエリート達



彼らの教育費をスポンサーしているのは ちゃっかりドバイ政府




今年出来たばかりのドバイモールは 消費目的にやってくる観光客の人気スポット



日本人 アメリカ人 南アフリカ人 色とりどりの客層が



ドバイの架空マネーを支えている
c0119583_15573770.jpg

デパートの中では ニセモノの海と星空と出会う
c0119583_15584146.jpg

建設中の世界一高いビルディング ブルジュ・ドバイが出来上がった頃


架空の街のバブルが弾けてしまったら ガイコク人たちはお構いなく


なんの同情も 愛土心もなく この街を去っていくのだろう 
c0119583_155967.jpg

砂漠の国のオアシスは いつしか オリンピックゲーム開催地に残る



立派な廃墟 空っぽなドームになってしまうのだろうか



世界中の人々はいったい 何にお金を貢献しているのだろうか



毎晩 水たばこを吸いながら 不思議に思う 気分はアリス
c0119583_160290.jpg

[PR]
by rieglobe | 2008-12-26 16:38
<< オマーンの環境配慮型デザイン 雪国から砂漠のオアシスへ >>


現在ハーバードビジネススクールMBA留学中。メキシコ・アメリカ・カナダ育ちの日本人。NYかぶれだが、ソウルはラテン。心はニッポン。最大のテーマはCultural Entrepreneurship。
follow me on twitter
以前の記事
人気ジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧