莉恵の地球儀ブログ 



キューバの売春婦の気持ち


それは2月に遡る
c0119583_138198.jpg

アメリカの資本主義モデルが崩壊する中



共産主義が味わいたくて



急遽 クラスメート数人とキューバへ向かった
c0119583_1372733.jpg

老人と海と太陽



魅惑いっぱい踊るオンナたちと 



シガーとラムに漬けられたオトコたち
c0119583_1384435.jpg

超競争主義のハーバード地帯を離れた 



ラテン感覚なジブンにとって



これほど幸せな島国があっていいのだろうか



そう思えたのも ほんのひととき 



全ては ウソに過ぎなかった
c0119583_1385542.jpg

表現を規制されている人たちは 



ラムを飲んだくれても 口を滑らせない



国を支配する 国民を隔離する 絶対的なチカラに怯えながら



寝室までスパイに諜報されているかのように 



こそこそと生きている
c0119583_139778.jpg

それでも ニンゲン モノを前に欲がでる



共産主義の国で 唯一繁盛する市場は ブラックマーケット
c0119583_1391898.jpg

外の世界の富を 持ち込んでくる観光客たちを目の前に



のんびり屋さんなキューバ人も 



一ペソでも稼ごうと まわりを押し倒して 



目の色変えて近寄ってくる
c0119583_1393691.jpg

計算高い売春婦たちは サルサを踊るダンスフロアで



ガイジン男性に可愛らしく身体をすりつけてくる



少し仲良くなったミュージシャンたちは 「おいでおいで」と



いきなり隣の部屋で麻薬を売りつけてくる 



一歩あるけば 新たな出会いがあり



信用しようとすると また だまされて傷がつく
c0119583_1395542.jpg

あああ 悲しすぎるから 一晩中踊って チープなラムを飲むしかない



そんなどーしよーもない やるせない気分のキューバ旅
c0119583_1401961.jpg

私がキューバの少女だったら 何を感じるのだろうか



見たこともないような最新で華やかな洋服や きらきら光るジュエリー 



貧しさを感じたことがない 満面の笑顔で



流行りのドレスを身に纏った外国人女性を目にして



私は何を感じるのだろうか
c0119583_141938.jpg

私もきれいな洋服が着たいし 海外を旅したい



あなた達の富をわけてもらいたい 



海外に行く機会をつくってちょうだい



そう思うだろう
c0119583_1412452.jpg

願望溢れる気持ちを抑えきれず 



国に怯えながら 世界にはばたくために



売春婦の道を選んでいたかもしれない
c0119583_1413426.jpg

[PR]
by rieglobe | 2009-06-15 01:47
<< 旧市街の屋根の下 東京タイムトリップ >>


現在ハーバードビジネススクールMBA留学中。メキシコ・アメリカ・カナダ育ちの日本人。NYかぶれだが、ソウルはラテン。心はニッポン。最大のテーマはCultural Entrepreneurship。
follow me on twitter
以前の記事
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧