莉恵の地球儀ブログ 



<   2007年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧


皇居前に魅せられて


あの日以来 ちょっとはまってしまった

朝の皇居前さんぽ
c0119583_23175596.jpg

しーんとしていて 誰もいないの

ちかくの大手町駅では 人が平気で溢れ溺れているのに

ここは しーんとしていて 誰もみあたらないの



水にうつる姿は なにかしら?

どなたかしら?
c0119583_2318108.jpg


またこの前と おんなじ

お掃除のおじさんが やってくる
c0119583_23182168.jpg


きれいで すがすがしい 朝の 「おはよう」

かすかに セミの鳴き声がきこえてくる
[PR]
by rieglobe | 2007-07-31 23:27

夏風邪と豪雨


街じゅうが

台風と選挙結果で荒れるころ


夏かぜをひいてしまった


空からわめき落ちてくる豪雨は おそろしいけれど

寝そべっているとき

窓にあたる水しぶきは 子守唄のようにやさしい

眠っている耳に 心地よい自然のリズム


マニキュアを落とし 爪をとびっきり短く整える

すっぴん顔を洗い、 またさらにクリーンに洗う

少しだけ窓を開けて 夏風邪を外におくりだす


明日は元気になるはず

晴天を浴びるためにも 元気になろう
[PR]
by rieglobe | 2007-07-30 19:15

皇居の朝 上司の顔


NYでの元上司と 皇居前のホテルで朝食


「チーズ、マッシュルームとトマト」

目の前のフライパンを操る腕は

とろけ溢れそうな黄味と 選ばれた食材を包み込みながら

くるっと半回転して型どられたオムレツを

大皿にふんわりと盛る


ケチャップとクロワッサンを添え  たっぷりのキウイと共に

自分の席へ戻る

7:30AM


出社前のたった1時間

コーヒーカップに口をつける瞬間さえも惜しい

会話をとぎらせたくないほど

次から次へとわいてくる ことばと思い

すっぱ甘いキウイを食べ終え、いつの間にかお別れのとき

オフィスでは控えなければいけない大きなハグで  「さようなら」

--------------------------

上司には いろいろなタイプがいる

好きな上司に限っても 人間性はほんとうにさまざまだ



尊敬するあまりに 本人の前で本音が話せない一方

この人には「すごい」と思われたいし 振り向いてもらいたい 片思い相手の上司


仕事以外の自分のかおは絶対に見せたくない

プロフェッショナリズムを要求される クールな上司


週末の話をしてみたり 

お酒の場では 人生観を聞き出してみたい メンター兼上司


そのおおらかな態度でミスを包み込んでくれながら

適度なムチを与える 父親のような上司


こわくてこわくて 仕方がなくて  逃げ出したくなるのに

かまってもらいながら成長したいと思わせる 鬼上司

--------------------------


上司と部下。


わたしはただの部下だけれど

部下としての限られた役割は みっちりこなしながら

それ以上のパッションとじかんをかけたい、

そう思わせる上司との出会いは 貴重。


そんな上司からは 人間味溢れる助言をいただきたい

わたしはあなたの部下であり 

そして あなたと同じように人間なのだから。
[PR]
by rieglobe | 2007-07-29 08:23

アルコール&アルコホール


のんでいるうちに のまれる アルコホール
c0119583_1954292.jpg

メキシコで育った 高校生時代


誕生日には

年齢分のテキーラショットを 平気で飲み干す ひとたち


でも 好きになれなかった 注射前の消毒液のにおい

マニキュア落としのにおい

アルコールの香りに 鼻を刺される

高校生
c0119583_19543515.jpg

日本で暮らす いまの時代

お店に入って とりあえず頼む アルコホール

のみのまれるために 行きつける バー

会話をはずませる 赤ワインの余韻

ミモザかシャンパンではじまるサンデーブランチ
c0119583_1954448.jpg


オトナになったから 味がわかるわけではない

お酒が大好きなわけでもない

ただ ただ 自然と ふつうに 何気なく

まいにちの生活をつうじて 新たに出会う

ピープル&アルコホール
[PR]
by rieglobe | 2007-07-22 20:19

冷静なドラマ


毎日が冷静なドラマ

わたしは コールドな操り人形

言われたことを口ぱく

指された方向へ 手足がでむく

わたしのヒモをあやつるのはだれ?


両親でもなく 恋人でもなければ 

上司でもない


ドラマティックなわけでもなく

いたって冷静に わたしを操る勝手な神さまは だれ?
[PR]
by rieglobe | 2007-07-18 23:55

かなしいとき


あたまの中から 逃げるために

イヤホンをつけ IPODをながす


電車のおとも 他人のおしゃべりも

じぶんのかんがえも  


きこえてこないように


ガンガンながす


あわせて 目もつぶりたくなる  鼻もつまみたくなる

でも この悲しみを無視してしまうと

じぶんのからだは だまされてしまう


平気なわけがないんだから

元気でいれるわけがないのだから

我慢せずに 泣きたい

相手のぶんも わたしのぶんも 

たくさん 泣きたいよ
[PR]
by rieglobe | 2007-07-18 23:50

20代オンナ はたらく 考える


フェミニストの考えはどうでもいいが

東京は 言葉を飲み込んでいる要領の良いオンナが多い


でも ものわかりが良すぎると 不幸かもしれない。


売りどころのない マルチタレントも

あたりさわりのない コメンテーターも


ときには 水をぶっかけてみてはどうか

満月でなくとも 吠えてみてはどうか


それとも 

変えることより 甘えるほうが てっとり早いのだろうか



社会に甘えるオンナと   オンナに甘えるオトコと


オトコに甘えたいオンナの 苦い三角関係

the world is sweet & bitter
[PR]
by rieglobe | 2007-07-17 02:35

eau torride

 
ここにきて 考える

あのひとに言われた このことば

「氷の中で燃える炎のようだね」



それは むかし愛用していた ジバンシーの香水の名前

「EAU TORRIDE」


ここにきて 考える

わたしを覆う氷は いったいなにものか

わたしを燃え上がらせる炎は いったいなにものか



沸点を超えたわたしは  氷河期を気にしない

氷ついた社会なんて つっつけばパリパリと壊れていくのだから

氷ついた恋愛感情だって 一度溶ければ春が訪れるのだから


台風が去り、 太陽を相手に散歩する


氷にとらわれることなんてない

どん欲であたたかい太陽を浴びているかぎり

わたしのこころの炎は燃えつきない
[PR]
by rieglobe | 2007-07-16 17:22

いちにち遅れ


じかんに迫られている



おかあさんへの約束の電話が いちにち遅れ

おにいちゃんへの 誕生日のメッセージも いちにち遅れ

提出すべき レポートも いちにち遅れ



じかんが迫ってくる



からだが硬直したまま  あさ 目覚める

からだが疲れたまま よる 寝倒れる


逃げても じかんはときを刻む

いまはいま   たった いま

やるべきこともあるが

やりたいことがある いま



おくれている自分の いまを取り戻そう

やりたいことを いま やろう
[PR]
by rieglobe | 2007-07-15 15:22

7月14日(土) 六本木CUBE イベント詳細


しゅんすけ、たけし〜、さち、りえで初めて組むチーム

チーム名は (とりあえず) KUROSAKI CREW  笑


場所は 六本木CUBE


かなり狭いスペースみたいだけれど、是非見にきてね

DONUTS Vol.6 1st Anniversary 
日時: 7月14日(土)23時〜
場所: 六本木CUBE (2000yen/1 drink & free food)

11PMからDJタイム

ダンスのショータイムは1:40AMスタート

くろさきくるーの番は最後の方らしいので、おそらく2AM-3AMあたり

夜更かし覚悟で 来てくれるひとは 置きチケットしたいので ご連絡ください
[PR]
by rieglobe | 2007-07-08 11:13


現在ハーバードビジネススクールMBA留学中。メキシコ・アメリカ・カナダ育ちの日本人。NYかぶれだが、ソウルはラテン。心はニッポン。最大のテーマはCultural Entrepreneurship。
follow me on twitter
以前の記事
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧