莉恵の地球儀ブログ 



<   2008年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧


メキシカントラウマ


ネクラな自分と戦った メキシコでの高校生時代
c0119583_23212917.jpg

どこにいっても誰とでもやっていける!



そう勘違いしていた転勤族一家のコムスメは 



生まれてはじめて 



言語のちがい 人種のちがい 階級のちがいに戸惑った



ショックで肌が病気にかかり 2ヶ月学校を休んだ
c0119583_23215025.jpg

「RIE」はスペイン語で「笑う」ことを意味する
c0119583_23223953.jpg

「RIEはいつもRIEしてるね」と笑いながら言われても



スペイン語もろくに話せず ネクラになってしまった自分は



毎日精一杯RIEすることしか出来なかった
c0119583_2322239.jpg

アジア人が殆どいない環境で



ガイジンどころか ウチュウジン扱いされるのがくやしい



大人しい日本人だと思われるのがくやしい



みんなが笑っている会話の内容がわからなくてくやしい



でも誰にも不快な思いをさせないためにも



空気のようにニコニコRIEするしかなかった 
c0119583_232342.jpg

メキシコ人同士の交流は



シエスタからも 夕寝からも目覚めたあと



月に照らされる頃にようやくはじまり



延々とつづく
c0119583_23232286.jpg

ともだちをつくるために 親に門限をなくす交渉をし



深夜過ぎのフィエスタに出かけていった



そこには裏庭で輪を作って踊るクラスメイトたちがいた
c0119583_23234454.jpg

いつのまにか わたしは輪の真ん中で ひとり踊り狂っていた



メキシコ人もびっくりするような キテレツでワイルドな踊りを魅せつけた
c0119583_23241816.jpg

わたしはRIEするだけの大人しい子じゃない



気付いて欲しい 



あなたたちと一緒に遊びたい 仲間に入れてほしい





コトバを持たない自分の最大限の意思表示に



クラスメイトたちは歓声をあげ 



喜んで私のおどりを真似しはじめた



その日から じぶんの中で何かが変わっていった
c0119583_23243484.jpg

ダンスとの出会いは メキシコでのトラウマがきっかけ



踊るたびに あのときの起爆剤のようなフィーリングを



思い出さずにはいられない
[PR]
by rieglobe | 2008-02-28 00:15

水のちから


水にはじまり 水に終わる お寺巡り
c0119583_9174686.jpg

c0119583_918073.jpg

たっぷりの水を与えられた木々が育ち
c0119583_9181735.jpg

花も咲き乱れては 枯れていく
c0119583_9183512.jpg

自然と人間の生命源は 


どの宗教からも 神としてまつられる


水の来るもの拒まず 平等に捧げるちから 


水は清く洗い流しつづけるかみさま
c0119583_9193123.jpg

c0119583_9195210.jpg

c0119583_9201258.jpg

c0119583_9203410.jpg

c0119583_9185771.jpg

c0119583_9212735.jpg

水の音に落ち着きを感じながら 喉が乾き水を飲む
c0119583_9205945.jpg

水のちから 水のかみさま
[PR]
by rieglobe | 2008-02-27 08:16

マダガスカル色の贈り物


地方から上京してきた彼女とわたしは


大学の女子寮で出会い


幾夜も互いの部屋を行き来しながら


トーキョー的恋愛話で なやみ盛り上がった
c0119583_9463431.jpg

瞬く間に月日が経ち


いつの間にか行方が知れぬうちに


彼女はリヨンで経験を積み


マダガスカルに住む外交官の姿に変わっていた
c0119583_9464116.jpg

かのじょのストレートな眼差しと


底知れぬ努力がミナモトにある


偽りのない等身大の姿は


マダガスカル色のコースターのように


爽快でやんちゃでパワフル!
c0119583_9462218.jpg

和食に飢えた身体を優しく包み込む割烹で


料理長が次から次へと魚たちをサバクサバク


わたしたちもあせることなく かわりばんこにカタルカタル
c0119583_947328.jpg

くすくす笑いもびっくり悲鳴も仰天まぶたもつきもの


ふたりは 寮の食堂にタイムスリップしたかのよう
c0119583_9472465.jpg

銀座うち山
[PR]
by rieglobe | 2008-02-26 07:45

死なないでくれ

c0119583_14564622.jpg

「死なないでくれ」
c0119583_15125459.jpg

遠く青森に住む彼が



ウルトラ元気な私との再会時に発したコトバが



わたしの心臓を貫通した
c0119583_14582962.jpg

動けば動くほど 死ぬ確率は高まる



無知な無邪気な冒険心は 危険な扉の戸をひらく
c0119583_14585511.jpg

しかし 人間は静かにしていても やがて死ぬ
c0119583_1459845.jpg

病人は床につき 



刻々と近づく死の呼吸を吐きながら 



眠りにつく
c0119583_1533757.jpg

c0119583_153130.jpg

わたしは 山奥を散歩したり 海にもぐる瞬間



目の前にある「死」を感じる
c0119583_1565434.jpg

c0119583_1571933.jpg

c0119583_1573816.jpg

大自然の中で 動物たちと湖に囲まれて育ったJadeは



都会の人ごみが生み出す殺気に「死」を感じる
c0119583_155110.jpg

c0119583_1553471.jpg

c0119583_1555298.jpg

c0119583_1561298.jpg

死はいつだって どこだって わたしたちの目の前にある



だから 遠くから見守ってくれる恩師や親友、家族には



これからも 生きている自分のよろこびを伝えていこう
c0119583_15252349.jpg

c0119583_15212639.jpg
c0119583_15214460.jpg


通じ合っていれば どこへだって飛んでいけるし 戻ってこれる



青森から飛んできてくれて ありがとう



お互いに うごきつづけよう



また会える日まで!
c0119583_1510545.jpg

c0119583_1511481.jpg

写真: 鎌倉の大仏&長谷寺からの眺望&最近ハマっている揚げ銀杏
[PR]
by rieglobe | 2008-02-25 07:57

はちみつピザと情熱の花束


あつあつチーズの上に たっぷりとはちみつをかけて 


いただきます
c0119583_199791.jpg

今日のテーブルを囲んでくれた


会社の女性同期たちのほっぺたが 見事なほど一斉にとろけ落ちる


ルーズになった口元から 歯をするするとよけながら 


コトバが先走りはじめる



はちみつピザの甘さと あとひく癖のある風味は 


会社の女性同期ひとりひとりが持つ 


しなやかさと芯の強さに似ている


ひとくち毎に ひとり毎に 忘れられない個性なのだ
c0119583_1992379.jpg

オトコ社会と言われる環境で


それぞれがこっそり悩みながらも しっかりと自分の芯を曲げずに 


柔軟な人生の経験を積んでいる


キャリアウーマンなんてかっこわるい言葉では現しきれない


ハートフルでうつくしい女性たち
c0119583_1913237.jpg

彼女たちが選んでくれた


「わたし色」の花束は


とても情熱的な色合いだった
c0119583_19131710.jpg

わたしの心はかっと赤くほてり


思わず寂しさと混じったうれし泣きで


涙も鼻水もとまらなかった
c0119583_19133222.jpg

花束は 熱しやすいわたしっぽくもあるけれど


かのじょたちがもつ 内なる炎の色にも見えた
c0119583_19134512.jpg

ひとりひとりの花が 華やかに開花しますように


この花束のように また皆で集まれますように
c0119583_1914284.jpg

[PR]
by rieglobe | 2008-02-23 19:50

桜の夢の夜


桜の香りのアイピロウを頂いた
c0119583_22354814.jpg

最近あくびが多いけれど


気が抜けているわけではない


本気で眠い!!


睡眠時間が足りていないことよりも


この子の寝顔を見ていると


私も寝ずにはいられない


春が待ち遠しい あくびが止まらない
c0119583_2236722.jpg

[PR]
by rieglobe | 2008-02-21 22:39

Rie's Departure Party


Departure Partyは3月29日(土)夕方に決定
c0119583_1324129.jpg

その日までには


いつどこへ出発するかがわかっているはず


ぜひ みんなの顔がみたい


ぜひ みんなの顔がみたい
c0119583_13310100.jpg

c0119583_133238.jpg

(詳細後日ご連絡予定)
[PR]
by rieglobe | 2008-02-19 01:22

社会人ハウサー


数百人の観客の前でストリートダンスを踊る



1度の本番のために 10名で組む社会人ハウスチーム
c0119583_2353264.jpg

ほとんどは大学のダンスサークルの先輩方




忙しい社会人同士の予定があうはずもなく



どうしても練習は 街中が眠りにつく深夜頃から始まり



ふくらはぎの筋肉がピキピキ固くなる早朝5時頃まで踊り続ける
c0119583_236132.jpg

長いあいだ ストリートダンスを踊っていなかったが



先月で深夜の試験勉強タイムも終わり



スタジオでの週末深夜練タイムが始動




それにしても わたしはなぜ踊り続けるのだろうか 
c0119583_2362678.jpg

おどりとは



身体とこころの感性を磨くうごきであり



頭と身体のバランスを保つ手段でもあり



ちいさい頃から 仲間をつくるための自己表現のツールであり



今となれば じぶんが造り上げてきた性格そのものであり



土地やひとびととの一体感を感じる瞬間そのものであり



もはや 私はおどりなしでは生きていけないのだろう
c0119583_2365514.jpg

[PR]
by rieglobe | 2008-02-17 23:40

踊る花ガツオ


毎日玄関のドアを開き この景色を眺めてから
c0119583_15254262.jpg

誰かと会いに街へ出かける
c0119583_15245178.jpg

時間に限りがあると思うと



自然と会いたい方向に足がうごく
c0119583_15252727.jpg

死を身近に感じたにんげんこそ



充実した時間が過ごせるのと似た感覚かもしれない
c0119583_15261876.jpg

忙しい東京ライフだからだろうか



1VS1で相手と話すと 互いに全く異なる姿が現れてくる



ひとは ひとりのひとを前に 



はじめて素直になれるのかもしれない
c0119583_15272845.jpg

正直なコトバがたくさん発せられる瞬間が大好きだ



ジャッジされる恐れを感じないでいい



その魔法のときは 年齢も肩書きもバックグラウンドも関係ない



ひと対ひとの関係なだけ
c0119583_15265918.jpg

地上からここまで離れているお好み焼き屋さんは初めて



なんて美しい東京の景色だろう
c0119583_15281170.jpg

遠い彼方の山脈まで見透かせる気分



すっきりと開放感あふれる景色を前に



相手が抱いていた夢と野望をうかがえるのも初めて



新しい発見に動く心は エネルギッシュに踊る花ガツオのよう
c0119583_15282588.jpg

[PR]
by rieglobe | 2008-02-17 15:42

同期エクスタシー


わたしには同期が99人いる
c0119583_14481238.jpg

酒屋の上にあるワインバーで囲まれて感じる



同期エクスタシー
c0119583_14484849.jpg

c0119583_14475448.jpg

寮の部屋も メールアドレスもなくなるけれど



同じ時間軸の中で 共有してきた環境と経験 



いっしょに過ごしてきた絆は 結ばれたまま



一度でも出会えた奇跡に感謝するしかない
c0119583_1449587.jpg

刻々と過ぎていく時間 次から次へと頼まれるワインボトル



丸ごとひとつのよろこびを感じたわたしは



しゃっくりが止まらない
c0119583_145104.jpg

楽しすぎて仕方がない!



そう思えるよろこびにすっぽり包まれた一夜だったが




翌朝は頂いた清く爽やかなピンク色の花束を前に



ただのひどい二日酔いの酔っぱらいだった
c0119583_14573970.jpg

[PR]
by rieglobe | 2008-02-17 15:20


現在ハーバードビジネススクールMBA留学中。メキシコ・アメリカ・カナダ育ちの日本人。NYかぶれだが、ソウルはラテン。心はニッポン。最大のテーマはCultural Entrepreneurship。
follow me on twitter
以前の記事
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧