莉恵の地球儀ブログ 



<   2008年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧


Harvard Business Schoolの同級生たち


これから2年間 勉学と生活を共にする


ハーバードビジネススクール同級生数名と ブエノスアイレスで合流
c0119583_758071.jpg

地元出身のアルゼンチン人も含め


フランスから企業援助活動でやってきた経営コンサルタント
c0119583_759380.jpg

ペルーでのNGOボランティア活動に参加する途中


アルゼンチンにふらっと立ち寄った トルコ人のITマーケッター
c0119583_81763.jpg

会社を辞めてから世界中を旅し


スペイン語習得のために この地に辿り着いた


アメリカ人のヘルスケアスペシャリスト
c0119583_82507.jpg

バラバラのバックグランドに


サマザマな目的だが


ソレゾレに共通していることがある
c0119583_834081.jpg

過去の経験と 未来の夢のあいだの 人生の一過程として


いま 変革と進化を求めて MBA進学を決意したこと
c0119583_845155.jpg

そして なぜか殆どみんな 私と同じ1981年生まれ
c0119583_855972.jpg

ジェネレーションギャップが言い訳にならない世界中の同士たちと


今後どういったギャップを埋め合って 共に成長していくのだろうか
c0119583_864797.jpg

想像を膨らませているうちに ワクワクして胸が爆発しそう



ジブンを見つめ直す 学生でも社会人でもない今の時期に


同じように 一足早く職場を離れた彼女ら彼らの思いを共有出来た
c0119583_874710.jpg

この冒険時期に体感したこと 正直に思ったこと 


考えて考えて 問い直して気付いたこと すべて


今後 学生としても 社会人としても 忘れずにココロにとめておこう
c0119583_885089.jpg

再来週 いよいよボストンへ向かう
c0119583_82665.jpg

[PR]
by rieglobe | 2008-06-30 08:59

ストリート力に欠けるガイジンたち


スペイン語クラスを共に受講している大学生の殆どが


ストリート力に欠けるガイジンたち
c0119583_1545263.jpg

二日に一人のペースで 誰かの財布が盗まれている


鞄をまるごとスられて 嘆いている
c0119583_156789.jpg

携帯電話で話している間にも 手から携帯をもぎとられ 


開いた口を閉じれぬ間に 犯人に逃げられている
c0119583_1533812.jpg

タクシーの運転手が遠回りしている事に気付かず


安い安い と言いながら倍の代金を払っている
c0119583_1565772.jpg

私がコソコソ泥棒だったら 間違いなくアナタ達を狙う


空気を読めない 流れに従えない


ストリート力に欠けるガイジンたち
c0119583_1571581.jpg

ストリートには危険や貧困 反社会的な爆弾や反エリートな精神が潜んでいる 


それでも世界中のストリートに惹かれるのは 


そこが 多くのヒトにとっての「現実」だからなのかもしれない
c0119583_1574766.jpg

毎晩ストリートに出される裕福層のゴミをあさる貧しい人々


ストリートに落ちている食べ物は 躊躇いなく誰かの胃袋に拾われる


賞味期限切れや虚偽記載など そんな次元のモンダイではない


ゴミで生活している国民を抱えるこの国の 現実が浮かび上がってくる


ストリート力がつけばつくほど 真実が浮かび上がってくる
c0119583_204062.jpg

[PR]
by rieglobe | 2008-06-29 03:07

ドリームを生きる難しさ


ドリームを追いかけることは難しい
c0119583_311923.jpg

いつの間にか 夢の事を忘れてしまう つまんないオトナ


秘かに夢を抱えながら 現実的に向きあわない 冷静なオトナ


いつまでも 実現出来ない夢ばかり追いかける 浮ついたオトナ
c0119583_2525859.jpg

大人になると 夢ばかり見てはいられないと言われる


思い描いていた夢を試す前に 


いつの間にか 社会規制されたアタマが勝手にあきらめている
c0119583_2541416.jpg

ドリームを生きることは難しい
c0119583_312095.jpg

彼女と家族と職業と 全ての過去を自国に置き去り


一流タンゴダンサーを目指し ブエノスアイレスで暮らし続ける彼に聞かれた
c0119583_322934.jpg

「莉恵の夢は?これからどこに行って何がしたいの?」
c0119583_2563125.jpg

投げられた直球を わたしはその場で空振りした



今 コトバで現す勇気はないけれど



わたしにも あなたのように夢がある
c0119583_304614.jpg

[PR]
by rieglobe | 2008-06-27 03:46

老人メイクアップ


老人女性のメイクアップが濃い
c0119583_339492.jpg

真っ赤な口紅に グラマラスなヘアスタイル


エビータも驚くほどきらめく首飾りをして


深夜過ぎに どこへ向かうのだろうか
c0119583_347293.jpg

年老いたスーツ姿の男性たちは


ネクタイにチーフ 帽子とつえのカバジェーロ(紳士)スタイルで


ヨロヨロ歩きながら
c0119583_3482083.jpg

肌にしみついたオーデコロンの匂いと


フェロモンをぷんぷんとふりまく
c0119583_3474092.jpg

街中に レトロな玩具屋さんを見かけるが
c0119583_3404762.jpg

朝まで元気に遊びつづける門限のないコドモたちは


いつ玩具を相手にする暇があるのだろうか
c0119583_3413897.jpg

この国では 年齢おかまいなく みんなが常に「現役」


ワカモノも年配夫婦も みんな現役だから 


ヒトが集う場所に年齢制限がなく 老若男女ごっちゃまぜ
c0119583_3431882.jpg

それにしても 街を見渡すと


これほど外出する老人たちを見たことがない


これほど 男性らしく老いるおじいさまと 


女性らしく老いるおばあさまたちを見たことがない
c0119583_3443333.jpg

[PR]
by rieglobe | 2008-06-26 04:08

ドレッドレスな冬


自宅の裏庭で 最高に美味しいお肉をアサード(BBQ)してくれたホルヘ
c0119583_255068.jpg

ゲスト達が室内で お酒を飲みながら盛り上がっている中 


ひとり 寒い裏庭でお肉の焼き加減に集中する無口なホルヘ
c0119583_252918.jpg

再会したら ドレッドレス
c0119583_271763.jpg

c0119583_213502.jpg

c0119583_2141191.jpg

ブエノスアイレスのバーは2AM頃から人で混みはじめ
c0119583_2121928.jpg

寒さに負けじと 人が朝まで集まりつづける
c0119583_21351.jpg

5AM頃になると 人気のクラブの前に行列ができ
c0119583_29985.jpg

タンゴを踊りにミロンガへ出かけても 


4AM以降にならないと踊るスペースがない日もある中


時差や時計とは全く無関係な生活を激写する日々
c0119583_281267.jpg

c0119583_284384.jpg

c0119583_2401493.jpg

ドレッドレスな冬は寒い


寒さに負けじと 温もりを求めて 人が朝まで集まりつづける
c0119583_215485.jpg

[PR]
by rieglobe | 2008-06-25 02:48

ボトル2本ずつ


パーティー好きなアルゼンチン人
c0119583_7271115.jpg

家 レストラン バル 広場 道ばた


パーティーという名の集まりを目指して 人は夜でかける


マルティンのバースデーケーキの巨大さに驚いているのも束の間
c0119583_728223.jpg

ミゲルのホームパーティへは 一人2本ずつワインボトルを持参
c0119583_72919.jpg

アルゼンチンには ヒトの数より牛の数の方が多いと言われるが


ヒトの数よりワインボトルの数の方が多いじゃん!
[PR]
by rieglobe | 2008-06-24 07:39

うるさいフライパン


c0119583_661884.jpg

アルゼンチンの農民などが政府に抗議を始めてから100日が経ったが


状況にまったく進歩がみられない
c0119583_672184.jpg

大豆などの農産物の輸出税率を引き上げる案に反抗する農民たちは


主要幹線道路を全て封鎖 


死にものぐるいで抗議をつづけている



インフラが整備されていないこの国の物流は一気に滞り


地方では食料や燃料不足が深刻化している
c0119583_693696.jpg

一方で ブエノスアイレスの街中では


フライパンをたたくプロテスト集団が オーケストラのごとく演奏を続け


うるさすぎて 夜も眠れない!
c0119583_683288.jpg

地元の人たちは 自分たちの政治経済事情をけなしながら


冗談半分シリアスに こう話す:


「世の中には4種類の国が存在する。


まずは、

①貧しい貧しい発展途上国と

②資源豊富で裕福な先進国。


そして、

③ニホンのように な〜んの資源もないのに経済成長を遂げた国と

④アルゼンチンのように 資源に恵まれながら な〜んにも機能しない国だ。」



世界的な食料価格の高騰が続く中 アルゼンチンは今後


お隣のブラジルや 北のアメリカへの希望を持つのみではなく


どのように資源大国として成長していくのだろうか


のんきにフライパンをたたいている場合じゃない


それにしても

あああ、眠れないぜ。
[PR]
by rieglobe | 2008-06-22 06:29

独りで暮らす母親


アグスティンの両親は つい最近離婚してしまった
c0119583_027371.jpg

父親は 独り身ミロンゲーロ



薄くなった白髪にたっぷりとジェルをつけて



コロンの匂いをぷんぷん漂わせながら



毎晩のようにタンゴを踊りに出かけているそう
c0119583_026126.jpg

南米流マザコンマッチョ思想なアグスティンと



一人で暮らす母親の家を訪問



木製列車にゆられながら なつかしい木の香りで深呼吸
c0119583_030288.jpg

国から重要文化財に指定されたCaballito地区の一軒家に入ると



まるで博物館の立ち入り禁止ゾーンに侵入してしまったかのよう



きらきらと輝くシャンデリアのもと 暖炉の前で温もり 



ラジオを聴きながら 独り マテ茶を飲む母親を連想する
c0119583_0292919.jpg

国の規定により 思い出どおりのまま 時間が封じ込められた我が家で



時代の経過を感じることもなく



離婚した男性と 愛する息子の事を思いつづける 



母親の深い眼差しが忘れられない
[PR]
by rieglobe | 2008-06-21 00:54

ベジタリアンヨギー


さすがステーキ大国
c0119583_7113740.jpg

お肉料理を一人前オーダーすると


400g〜1000gの肉のかたまりが 突如目の前に現れる
c0119583_712499.jpg

野獣と化し フォークとナイフに力を入れて 気合いでお肉にかみつく



"ガオー"
c0119583_7121156.jpg

マルベックワインとお肉の真っ赤な血を飲み込んだあと



体内の血液は冷えきったマグマのよう 



快楽に溺れながら ドロドロと鈍く流れていく
c0119583_71387.jpg

一方で 最近時間をともにしている アルゼンチンのヨギー仲間は
          (ヨギー:ヨガを生きる人々、ヨガの講師等)



みんなベジタリアン
c0119583_7143663.jpg

早朝ヨガの後 何気なくヨギー達のあとをついて歩いていくと



辿り着いたお店は ステーキ大国に数少ないベジタリアンカフェ
c0119583_7151080.jpg

ひと工夫ひと癖ありな 野菜と穀物とお豆フレーバーを味わいながら



バランス感覚やカラダの調和について 




あーでもないこーでもないとアツく語るベジタリアンヨギーたち
c0119583_7153778.jpg

みんな なんておしゃべりなのだろうか!




日本人が一言で話し終わる内容を 永遠と話し続ける
c0119583_7155859.jpg

暗黙の了解どころか



満足するまで とことん話をふくらませる
c0119583_7163411.jpg

東洋の「禅」「無」「和」に憧れる西洋社会が垣間見える



「時間」の概念が存在しない ラテンな時の過ごし方をカラダが覚える
c0119583_71729.jpg

[PR]
by rieglobe | 2008-06-15 07:44

ガイジン同士 ガイコクで再会

c0119583_9462.jpg

メキシコを離れた瞬間 二度と会わないと思っていた



サンフランシスコベイエリア在住のメキシコ人ドミンゴと
c0119583_952065.jpg

ボストン移住前のニホン人リエが



同時期にタイムスリップしてやってきた ブエノスアイレスで9年ぶりに再会
c0119583_953987.jpg

キャリアの一環として 米系教育の道を選んだガイジン同士



時間の概念が存在しない このラテンな街を去った後 私達を待ち構えている



超資本主義な 激競争社会で生きのびるガイジン術について



エレクトロニックなクラブ内で 語った語った 踊った語った
c0119583_925582.jpg

なつかしい相手なのに



昔を振り返る事もなく 今日の夕食ステーキと今後の話で盛り上がった



シエスタも飲み付き合いも通用しない仕事環境で 必要とされるスキルとは何か



ガイジン同士 ラテン人らしく朝5時まで 語った語った踊った語った
c0119583_932590.jpg

[PR]
by rieglobe | 2008-06-10 09:23


現在ハーバードビジネススクールMBA留学中。メキシコ・アメリカ・カナダ育ちの日本人。NYかぶれだが、ソウルはラテン。心はニッポン。最大のテーマはCultural Entrepreneurship。
follow me on twitter
以前の記事
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧