莉恵の地球儀ブログ 



<   2009年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧


ギネス入り携帯電話


昨年 ギネスブックに記録された


世界最軽量(約40グラム)の携帯電話は modu社
c0119583_1471029.jpg

イスラエル発のハイテクスタートアップは 勢い凄まじい



次から次へと 「世界初」を生み出していくこの国の商品・アイデアたちは



果たして 日本のマーケットまで浸透するのだろうか
[PR]
by rieglobe | 2009-01-28 01:46

理想を生きる キブツ社会共同体


今でも存在する イスラエルの社会共同体「キブツ」
c0119583_2216192.jpg

国のわずか1%の人口が生み出す 12%のGDP


多くの軍指導者 知識人 起業家や政治家を排出する キブツの正体は


「教育」と「チームワーク」を重んじるコミュニティ
c0119583_22164967.jpg

競争と報酬の代わりに 協力と保証


まるで 教科書から読みとる 戦後ニッポン
c0119583_22171095.jpg

ただ ここで生きる人々は 無償で働き


衣 食 住 車 教育 全てを共有する
c0119583_22173440.jpg

c0119583_22175099.jpg

キブツの子供たちが作った椅子に座りながら


共同体リーダー アビタルの声に耳を傾ける
c0119583_22183076.jpg

「ここでは子供たちに 自由な発想と イノベーティブな思考を教育している」
c0119583_222207.jpg

c0119583_22191053.jpg

「子供たちは 好奇心旺盛だ


彼らは 自由に研究と失敗を繰り返しながら 新たな農業技術を生み出していく」
c0119583_22193485.jpg

c0119583_2220784.jpg

キブツに限らず 若手の発想 アイデアが重要視されるイスラエル
c0119583_22225829.jpg

c0119583_22202256.jpg

経験人は 経験を語りつぐが


クリエイティビティや イノベーションは 若手に期待し


子供たちが改革的な発想に取り組める環境を 提供する
c0119583_22245990.jpg

c0119583_22203588.jpg

「この仕組みは僕が発明したんだ」と


得意げに説明する少年の目は 


ぎらぎら 輝いていた
c0119583_22213696.jpg

c0119583_22211562.jpg

やる気と貢献心に溢れる 若手や


遊びゴコロと 挑戦心を併せ持つ 若手は 


国の未来
c0119583_22205154.jpg

そして 


彼ら次世代人に 経験と思いを引き継いでいく ベテラン
c0119583_22222449.jpg

若手を試す 活かす 情熱的な村の長は


素晴らしき 国の財産
c0119583_22224112.jpg

[PR]
by rieglobe | 2009-01-25 00:10

空の戦場から死海へ

山の上にある要塞 マサダを目指し


ロープウェイを使わずに ひたすら登る 
c0119583_4423528.jpg

c0119583_4425027.jpg

ここは ローマ軍にエルサレムが陥落した後も


10倍以上の兵員のローマ軍を相手に


ユダヤ人が2年間戦い続けた 空の上の戦場
c0119583_4414663.jpg

戦いの果て 敗れかけたユダヤ人たちが


ローマの奴隷になるよりも 死を選び


集団自決した墓場
c0119583_44252.jpg

「ユダヤ人全滅の悲劇を繰り返してはならない」という決意より


ここで行われる イスラエル軍の入隊式


国家への忠誠が誓われる場所
c0119583_5305145.jpg

近くには ヨルダンとの国境沿いに浮かぶ 


神秘的な色合いの死海 The Dead Sea
c0119583_4483255.jpg

空の上の戦場から 一気に 世界一低い陸地へ 


世界一低い水面の湖では


浮かぶことしか出来ない
c0119583_452837.jpg

33%の塩分濃度な死海では


沈むことが出来ない


シンクロの真似にも飽き 無力にも ボ~っと浮かんでいると 


水面で 寝てしまいそう
c0119583_459790.jpg

[PR]
by rieglobe | 2009-01-23 05:39

ITメッカなイスラエル


マイクロソフト社は 世界三ヵ所に 戦略R&Dセンターを持つ


中国 インド そして イスラエル
c0119583_23413110.jpg

グーグル社も 2006年 レバノン戦争の真っ只中 イスラエルに拠点を置く
c0119583_2341477.jpg

インテル全社R&D予算の3割を 自由自在に使う イスラエルオフィス

 

多くのグローバル企業が イスラム社会からのボイコットを避けるために


イスラエル入りを拒む中


ハイテク産業は 戦争お構いなしに この地を目指す
c0119583_2342445.jpg

目的は ひとつしかない


この資源レスな小国が誇る 「ブレインパワー」を求めてやってくるのだ 
c0119583_23422765.jpg

優秀なエンジニア コンピューターハッカー 博士号天国なイスラエル


様々なブレインの持ち主が立ち上げるスタートアップは 新技術の宝庫


次から次へと 大手IT企業に買収されていく
c0119583_23424798.jpg

現地のIT起業家が 教育に力を入れる国の心情を語る 


「我々にとって お金はさほどの価値がない


ホロコースト時代 どれだけ 土地とお金を持っていた裕福なユダヤ人でも


一日にして 全ての財産を剥ぎ取られ 迫害されたのだから」
c0119583_23433247.jpg

「家も お金も 物も 与えられなかった私たちは


自分たちが持つ知識しか 頼りに出来なくなった


だから ユダヤ人の家庭では 今でも「教育」が重んじられている」 
c0119583_23435821.jpg

「教育を得なければ サバイバル出来なかった」人々は 


今 世界が注目する イノベーションを生み出す優秀民族
c0119583_23441516.jpg

苦い歴史や宗教戦争ばかりが 取り上げられがちだが


この土地が生み出すアイデアから 学ぶべきことは数知れない
c0119583_23443870.jpg

[PR]
by rieglobe | 2009-01-21 15:38

軍隊トレーニング予備校

c0119583_22581995.jpg

イスラエルの軍隊トレーニング予備校Yuvaleilamで 生徒たちに出迎えられる
c0119583_22573060.jpg

とにかく与えられたTシャツに着替えるが 何が待ち受けているのだろうか
c0119583_22564159.jpg

ここは16-18歳の若い男女が 軍のエリートユニットに合格するために


肉体トレーニングに励む場所
c0119583_2384120.jpg

日本の高校生が 大学受験の予備校に通う感覚だが


国のために役立ちたい忠誠心 国民を守りたい使命感に満ち溢れていて


まだ子供なのに と すこし恐ろしくも感じた
c0119583_22585519.jpg

ストレッチの後 いきなり海に向かって走り出す子供たち


先ずは 敵から身を隠す「カモフラージュ術」を学ぶ


評価軸は スピード・チームワーク・クリエイティビティ・戦略


ビジネススクールの評価軸と変わりない
c0119583_22591165.jpg

限られた時間内で 自然の状態を崩さず 足跡を残さず 環境に入り込む


穴を掘り チームメイトに泥をかけ 草や岩で ニンゲンの跡形なくしたあと



ジブンも必死に木々の中に隠れ 息を殺す


見つかる恐怖の中 既に 生きた心地がしない
c0119583_2335398.jpg

カモフラージュした敵を探すためには


まずは 自分が隠れそうな場所を避けること


そして どこまでも力と知恵のチームワーク 助け合いながら行動する
c0119583_22595818.jpg

16歳のチームリーダーな彼女は 落ち着いた 力強い口調で話す


「ここは リーダーシップを育てる場所なんだ


体力トレーニングだけではなく 精神的にも鍛えられる


人生の生き方を学ぶ場所なんだよ」と
c0119583_2305363.jpg

「もちろん 軍隊では 女性としてのハンデがたくさんある


それでも私は 自ら軍隊入りを希望して


わざわざ10年暮らしてきたベルギーから帰国したの」
c0119583_2323247.jpg

私は思わず尋ねていた 


「なんで戦争が多発する国に戻りたいの?こわくないの?」
c0119583_0221945.jpg

「我々ユダヤ人にとって イスラエルほど安全に感じる場所は この世に存在しない


ベルギーでも ひどい差別にあい ユダヤ人同士で暮らすしかなかった


毎日 どこから石を投げられて 誰にバカにされるか ビクビクしながら暮らしていた」
c0119583_0223349.jpg

「戦争中であろうと この国は唯一 わたし達が追い出されずに暮らせる土地


国民は 世界各国から移民してきたユダヤ人が殆ど


同じ歴史と苦しみを味わってきたからこそ 団結力も強いし 常に必死だ」
c0119583_234882.jpg

「戦争なんて早く終わってほしい 


戦うために軍に入りたいわけではないの


ホントウは 戦争がこわくてこわくて仕方がない


でも 私は家族や国民を守りたい だから自分の限界まで 軍に貢献したい」
c0119583_239543.jpg

[PR]
by rieglobe | 2009-01-20 00:30

忘れることは繰り返すこと


ホロコースト博物館 Yad Vashemの広い屋外敷地を歩く
c0119583_23155051.jpg

"Yad Vashem"は ヘブライ語で「記憶すること」


収容所での実態と 体験者の生の声が 記憶された場所で


イスラエルが建国された背景を 改めて学ぶ 
c0119583_2316013.jpg

世界各国のユダヤ教徒が訪問する場所


教育団体ツアーが目立つ中


英語で話すユダヤ人学生向けツアーコンダクターを発見


後をついていく
c0119583_23175361.jpg

彼女の迫力と伝える使命感に 


学生たちがビビッている
c0119583_23174242.jpg

「よく聞きなさい


数少ない この世に残された あなた達がこの歴史を伝えていかねば


我々は 生き延びれない」
c0119583_23171639.jpg

「見てみなさい あなた達の祖父母が生きてきた時代を!


この苦しみを この侮辱を カスのような扱いを 耐えられたものでしょうか 


歴史が繰り返されぬよう あなた達には 大きな義務があるのよ」
c0119583_23162081.jpg

博物館の入り口にメッセージが刻まれている


「忘れ去ることは破壊を導く」
c0119583_23165982.jpg

でも 今 起きている戦争に限らず 


愚かなことに ヒトは忘れてしまうから 歴史は繰り返されるのだろう
c0119583_23164989.jpg

日本の歴史を 改めて学びたい


それにしても なんて心に重い 一日だ 
c0119583_23163568.jpg

[PR]
by rieglobe | 2009-01-18 23:13

HBSイスラエルプロジェクト


1月2日 エルサレムでの2日目 らくだとの合流
c0119583_2216255.jpg

ではなくて


HBSの教授陣と42人の学生たちとの合流


HBS Israel Immersion Experience Programがいよいよ始まる
c0119583_22145170.jpg

アイゼンバーグ教授率いる イスラエルプロジェクトのテーマは


「イスラエルのアントレプレナー育成とVC(ベンチャーキャピタル)ミラクル」
c0119583_22164228.jpg

わずか7百万人強の国民からなる 小さな小さなイスラエル国が


なぜ 欧米系の大手VCを惹きつけるスタートアップ宝庫国なのか


なぜ テルアビブ市が シリコンバレーに続く 世界No.2の起業家都市なのか 


若手アントレプレナーを支援する国の仕組みは 一体どのようなものか
c0119583_22173946.jpg

これから10日間 教授陣の企画により 


政府や軍隊 教育機関や民間企業訪問を通じて


同国の歴史 宗教 文化も学びながら


自分たちなりの答えを見つけ出していくプログラム
c0119583_2218368.jpg

いよいよ スタート!
c0119583_22163116.jpg

[PR]
by rieglobe | 2009-01-18 22:50

在庫いらずのTシャツ屋


エルサレムの旧市街マーケットで驚いた


先ずは スパイス売りお兄さんが創り上げた スパイスピラミッド
c0119583_21584057.jpg

頂いたスパイス以上に 刺激的


観光客慣れした彼の さわやかスマイルも素敵
c0119583_21543546.jpg

そして しつこくお茶に誘う Tシャツ売りお兄さん


「このお店のTシャツは全てオレが作ってるんだ」と言われ


てっきり ウソつきだと思っていたら
c0119583_2154552.jpg

c0119583_2155733.jpg

c0119583_21553371.jpg

どうってことないシャツが 
c0119583_21555433.jpg

ロゴ入りTに変身
c0119583_21561061.jpg

はじめて目にした 


発注後にその場で作る 在庫いらずなTシャツ屋



得意気スマイルなお兄さんに拍手!
c0119583_21562290.jpg

[PR]
by rieglobe | 2009-01-18 22:09

エルサレム旧市街flowers


"Land of Return" 世界三大宗教の聖地エルサレム
c0119583_0352921.jpg

混雑する道を歩いていると 宗教迷路に放り込まれた気分
c0119583_0354997.jpg

小さな小さな旧市街は 宗教によって区切られている


キリスト教徒地区 ユダヤ教徒地区 イスラム教徒地区 
c0119583_036991.jpg

宗教戦争が起きている最中


聖地を離れまいと 同じ壁内で共存する人々の心情は 
c0119583_0474018.jpg

宗教心の強くないジブンにとって 想像に苦しむ
c0119583_0482672.jpg

イエスキリストの死と復活の場


キリスト教徒にとって 最も聖なる教会では
c0119583_1233560.jpg

涙をふきながら祈る人々を前に 鳥肌が立つ


聖なる光が差し込む教会内で
c0119583_124145.jpg

何かに とりつかれたかの様に 感極まる人々が 祈り止まない
c0119583_1242059.jpg

少し歩くと


目の前に現れる ユダヤ教の最大の聖地「嘆きの壁」


その先で輝き続ける マホメットが昇天した「黄金のドーム」
c0119583_1382021.jpg

ユダヤ教の寺院の破壊を嘆き悲しむ場所で


経典を読みながら必死に祈るユダヤ教徒たちは


風に乗せられ 空気を支配するキリスト教会の鐘の音と


モスクから 街中に響き渡るイスラムの礼拝アザーンが


聞こえてこないのだろうか
c0119583_2131568.jpg

同日 旧市街の外 東エルサレムでは 


ガザ地区侵攻に対する イスラム教徒のプロテストが悪化


反発とテロ警戒で 軍隊が街中を占拠する
c0119583_2134055.jpg

高校生の頃からずっとずっと 気になっていた 中東


ラビン元首相や アラファット元PLO議長について 熱く語る


平和理想主義な 模擬国連授業の教師が 大好きだったからだろうか
c0119583_2135460.jpg

でも あまりにも複雑に絡み合う 宗教と歴史 政治と経済の問題は


いまいち良く分からなくて メキシコに暮らす日本人として


遠い遠い出来事のように思えた
c0119583_2141276.jpg

今は違う


宗教戦争 国家対立 異文化問題から 目が離せない


同時に 知れば知るほど 自分の意見が曖昧になってくる 


悲しい事実
c0119583_0384241.jpg

ヒッピーではないけれど 


どうか 一日も早く中東に ほんとうの


Flowers and Peaceを
c0119583_03924.jpg

c0119583_0391473.jpg

c0119583_0392948.jpg

[PR]
by rieglobe | 2009-01-18 02:24

ソルジャーとライフル


周りは M16ライフルだらけ
c0119583_2115754.jpg

元旦に バスでエルサレムに向かう
c0119583_2125740.jpg

兵役の義務が課された国民たち


まだ二十歳にもならない若い男女は


自由時間も帰省時も ライフルを身から離さない
c0119583_212425.jpg

多額の国家予算が注入される 最強の軍隊を持つ 小さな国イスラエル


いよいよ


この国の運命を左右させる 聖地エルサレムの地を歩き出す
c0119583_2141973.jpg

[PR]
by rieglobe | 2009-01-15 21:51


現在ハーバードビジネススクールMBA留学中。メキシコ・アメリカ・カナダ育ちの日本人。NYかぶれだが、ソウルはラテン。心はニッポン。最大のテーマはCultural Entrepreneurship。
follow me on twitter
以前の記事
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧