莉恵の地球儀ブログ 



<   2009年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧


キューバで起業ぐみ


ひとりでもいいから キューバへ行こう



そう思っていたのは 私だけではなかった
c0119583_41455.jpg

HBSのクラスメート シェルビーとロベルトとの旅



とびっきり仲が良かったわけではない
c0119583_4144819.jpg

一年間 同じ教室の中で過ごしてきたのに



同じ学校行事に参加してきたのに
c0119583_415429.jpg

彼らとは キューバ旅の中 深い絆で結ばれた



話しても 話しても 話し足りなかった
c0119583_4162661.jpg

たまたますぎるのだ
c0119583_4163810.jpg

90人のクラスメートのうち 



企業でのサマーインターンシップ体験の代わりに



起業を考えていたのは たったの3人



その3人が 神様の悪戯にのせられて



お互いの起業内容も知らずに キューバで合流したのだから



何本シガーを吸っても足りないわけだ
c0119583_4213747.jpg

まだまだ お互いに社名も決まらず 



夏の予定も ファイナンスも な~んにも決まっていない中



夢を語るガキたちのように 太陽に負けないエネルギーを放ち合った
c0119583_4215051.jpg

起業家は夢想家だと 言われるが



夢を語って 何が悪いのだろうか



それが 夢で終わらないように 動いてみることは



無茶すぎることなのだろうか 



大人たちにとって 大人げないのだろうか
c0119583_4215946.jpg

キューバでは 一切予定をたてなかった



カンペキな朝食だけが日課
c0119583_418183.jpg

車を出し 少しの距離でもヒッチハイクする地元人を 乗せては降ろし



気軽な会話を楽しんでいると 



いつのまにか 海にたどり着いた
c0119583_4201289.jpg

ぐんぐんと 車を走らせ 



白い砂浜にたどり着いた瞬間



「よし 海辺で素泊まりしよう」
c0119583_4204019.jpg

化粧をしないオトコたちの発想に



いきなり今夜の宿泊先が決まってしまった
c0119583_421683.jpg

アドベンチャー好きな夢想家たちは



時に 無口になる 
c0119583_4223586.jpg

実は 話すことが そこまで好きではないかもしれない



身体を動かして 汗をかくことの方が好きなのかもしれない



動きすぎて 疲れているのかもしれない



だから お互いに ほっておく
c0119583_4225643.jpg

日が暮れる前に 山奥から たき火用の小枝を集めてくる



ボーイズスカウト仕込みの腕を魅せつけるロベルトと



海のガードマンと安いラムを飲んで いつの間にか仲良くなっているシェルビー 
c0119583_423969.jpg

二人とも なんでも自分で作っちゃうし



問題があったら 自分でなんとかしちゃう
c0119583_4233629.jpg

場合によっては人を巻き込んで (ラムで?) 



いつだって散策と探検を続け 



自然にウソをつかずに 自分にウソをつかずに 共存している
c0119583_424678.jpg

キューバ旅の後 3人とも HBSのサマーフェローシップを獲得した



わたしたちは 飛び跳ねて 大喜びした



この大不況の中 学校がスポンサーとして 資金援助してくれるのだ
c0119583_424213.jpg

夏休みいっぱい やりたい事に専念できる
c0119583_4243911.jpg

サンフランシスコ ボストン そして 東京
c0119583_425611.jpg


この夏 わたしたちは動き出す

c0119583_4253212.jpg

[PR]
by rieglobe | 2009-06-20 05:03

シガードライブ


c0119583_713770.jpg

ハバナを離れるために 車にガソリンを入れ



シガーをふき始める 気持ちも肺も満タン
c0119583_72345.jpg

ジブンがあまり車を運転しないからだろうか 



ロードトリップが新鮮 
c0119583_721819.jpg

もちろん 私はハンドルを握らず



身体をもてあまして ついつい窓から身を乗りだしてしまう
c0119583_724289.jpg

タバコはすえないけれど シガーは好きだったんだあ あたし



でも 自分が吸うよりも 吸っている人に近寄りたくなる
c0119583_7386.jpg

今までにかいだことがない 草の香りと土くささ



オーガニック以外のなにものでもない とことんの手作り感
c0119583_744717.jpg

あと



誰が見ても納得する「オトコ」らしさに惹かれるのだろう
c0119583_745897.jpg

[PR]
by rieglobe | 2009-06-18 12:04

旧市街の屋根の下


街の色合いに 吸い込まれる
c0119583_0262695.jpg

旅をすると 足の裏から 脳のてっぺんまで 



歩くことの喜びを 再認識できる



いつだって 歩きながら 生きているのに
c0119583_0264654.jpg

ハバナの旧市街では ホテルに泊まる代わりに



地元の人々の住まいの 一室を借りて



ひとつ屋根の下で寝泊りする
c0119583_028367.jpg

ヒトは キューバに来るとタイムスリップしたかのよう と言う



でも 私の目の前を歩いていく キューバの人々は



間違いなく 今を生きている様子



私とは異なる 今を
c0119583_029528.jpg

ガイコク人用通貨と現地人通貨が 20倍以上異なる中



モノを買うときも お財布別の列に並び
c0119583_0301596.jpg

異なる今を 同時に生きる



異なる人生を 今生きる
c0119583_0302696.jpg

同じ空気を吸いながら



同じ屋根の下で 夢を見ながら



床につく
c0119583_0304229.jpg

なんだろう なんだろう



なかなか 眠りにつけない
c0119583_0311237.jpg

小さい部屋のランプを消すと



不安になる 平和な気がするのに
c0119583_032035.jpg

何かが今 起こるかもしれない そう思えずにはいられない街
c0119583_0305686.jpg

[PR]
by rieglobe | 2009-06-16 01:15

キューバの売春婦の気持ち


それは2月に遡る
c0119583_138198.jpg

アメリカの資本主義モデルが崩壊する中



共産主義が味わいたくて



急遽 クラスメート数人とキューバへ向かった
c0119583_1372733.jpg

老人と海と太陽



魅惑いっぱい踊るオンナたちと 



シガーとラムに漬けられたオトコたち
c0119583_1384435.jpg

超競争主義のハーバード地帯を離れた 



ラテン感覚なジブンにとって



これほど幸せな島国があっていいのだろうか



そう思えたのも ほんのひととき 



全ては ウソに過ぎなかった
c0119583_1385542.jpg

表現を規制されている人たちは 



ラムを飲んだくれても 口を滑らせない



国を支配する 国民を隔離する 絶対的なチカラに怯えながら



寝室までスパイに諜報されているかのように 



こそこそと生きている
c0119583_139778.jpg

それでも ニンゲン モノを前に欲がでる



共産主義の国で 唯一繁盛する市場は ブラックマーケット
c0119583_1391898.jpg

外の世界の富を 持ち込んでくる観光客たちを目の前に



のんびり屋さんなキューバ人も 



一ペソでも稼ごうと まわりを押し倒して 



目の色変えて近寄ってくる
c0119583_1393691.jpg

計算高い売春婦たちは サルサを踊るダンスフロアで



ガイジン男性に可愛らしく身体をすりつけてくる



少し仲良くなったミュージシャンたちは 「おいでおいで」と



いきなり隣の部屋で麻薬を売りつけてくる 



一歩あるけば 新たな出会いがあり



信用しようとすると また だまされて傷がつく
c0119583_1395542.jpg

あああ 悲しすぎるから 一晩中踊って チープなラムを飲むしかない



そんなどーしよーもない やるせない気分のキューバ旅
c0119583_1401961.jpg

私がキューバの少女だったら 何を感じるのだろうか



見たこともないような最新で華やかな洋服や きらきら光るジュエリー 



貧しさを感じたことがない 満面の笑顔で



流行りのドレスを身に纏った外国人女性を目にして



私は何を感じるのだろうか
c0119583_141938.jpg

私もきれいな洋服が着たいし 海外を旅したい



あなた達の富をわけてもらいたい 



海外に行く機会をつくってちょうだい



そう思うだろう
c0119583_1412452.jpg

願望溢れる気持ちを抑えきれず 



国に怯えながら 世界にはばたくために



売春婦の道を選んでいたかもしれない
c0119583_1413426.jpg

[PR]
by rieglobe | 2009-06-15 01:47

東京タイムトリップ


いつの間にか わたしは東京で暮らしていた
c0119583_16323494.jpg

ボストンを出発する前夜 



チャールズ川に架かる橋を渡りながら



これから三ヶ月 日本で過ごす夏休みを連想して 空を見上げた
c0119583_16324943.jpg

ぐんぐんと動く雲と 空模様は変化しつづけ



あっという間に HBSの期末試験も終わり



1年目のクラスメートとの最後の授業も そういえば終わっていた



たくさん泣いて 大喜びして 900人のHBS同級生と 騒ぎ通した日々も終わった



そういえば そうだった 
c0119583_16325739.jpg

いつの間にか わたしは 湿気溢れる東京の地下鉄ホームに立っていた



たくさんの思いと目的を抱え 出会いと発見を求めて 日本にやってきた



東京タイムトリップした今 



ようやく 数ヶ月前まで遡り 思いをカタチにしていけるかもしれない



これからも 書き続けよう
 
c0119583_1647423.jpg

[PR]
by rieglobe | 2009-06-14 16:47


現在ハーバードビジネススクールMBA留学中。メキシコ・アメリカ・カナダ育ちの日本人。NYかぶれだが、ソウルはラテン。心はニッポン。最大のテーマはCultural Entrepreneurship。
follow me on twitter
以前の記事
人気ジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧