莉恵の地球儀ブログ 



<   2009年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧


高温なオンナ

新聞では「低温世代」として取り上げられたけれど
c0119583_16321485.jpg

ここ数日 ほぼ毎日鼻血が出る 高温なオンナになっている



つーん
c0119583_16331774.jpg

しかも なぜか 毎晩泣いてしまう



なぜ泣いているのか 分からないまま 



つい今さっきまで 満面の笑顔だったのに ポロポロ心が泣き出す
c0119583_1634888.jpg

なぜだろう 



まるで 赤ん坊に戻ったかのよう



それとも おばあちゃんになってしまったかのよう 
c0119583_16355713.jpg

弱くなったような 強くなったような。



良く分からない涙が喉をつまらせる
c0119583_16363196.jpg

過剰なまでに センシティブになっているのかもしれない



悔しさの涙が殆どだけれど あせりの涙も素早く頬を走り落ちる 
c0119583_1637423.jpg

一瞬 気をぬいた瞬間 不意打ちで流れる大粒の涙は厄介だ



理由のない出来事に 理由をつけるのは面倒だから
c0119583_16375368.jpg

それにしても 外を走り回る私の体温は 確実に真夏の温度だ。
c0119583_16312824.jpg

[PR]
by rieglobe | 2009-08-25 16:41

本日の日経新聞掲載


どうやら わたしたちの世代は、「低温」らしい。
c0119583_11134185.jpg

低温世代=クールジェネレーション?
c0119583_11144982.jpg

バブルを知らない 冷静さ おとなしさと 



地味さ



バブリーを嫌う シニカルさと 身の丈ぶり
c0119583_1115286.jpg

がつがつ感が嫌われる ゆるさ リラックスぶり。
c0119583_11154829.jpg

本日 8月25日の日経新聞経済面の連載「低温世代の経済学」で



streetcanvasが紹介された
c0119583_11161625.jpg

嬉しくて また今日も泣いちゃった。



がんばろうと思う。
c0119583_11163319.jpg

(写真:天音と大地とブルドッグ@辻堂)
[PR]
by rieglobe | 2009-08-25 11:18

ボストン前の壮行会


うそだ うそだ ほんとーにうそだ
c0119583_2264387.jpg

しんじられない。。。



いつの間にか 来週からハーバードビジネススクールでの2年目の授業が始まる



いつの間にか ボストンへ戻る日がやってきた



どれだけ顔の表情があっても 表現しきれない 伝えきれない感覚に陥っている 
c0119583_2272397.jpg

この夏は、streetcanvasの起業準備・会社立ち上げをしているうちに



東京にいたのに 日本にいるみんなと 全然会えなかった 



遊び足りなかった 話し足りなかった



悔しすぎる、悲しすぎる。。。と、一人で嘆いている場合ではない



かなり急だけれど 水曜日に壮行会を開いてもらうことになりました
c0119583_2275329.jpg

壮行会とは言っても 目黒川を前に わいわい集まってわいわい飲み語る会です



平日の夜だし ちょっと不便な中目黒だけれど



是非是非お時間の許す方は、ふらっと立ち寄って下さいマセ。

Combine HP tabelog

日時: 8月26日(水)20時~22時

場所: 中目黒 combine(コンバイン)

住所: 東京都目黒区中目黒1ー20ー1

行き方:中目黒駅の目の前の交差点を渡り、山手通りを右方向にまっすぐ歩きます。
中目黒立体交差点にぶつかったら、横断歩道を渡り、左方向に。
目黒川にぶつかったら右へ曲がり、数軒先にあります。
駅から10分くらいです。

店電話:03ー3760ー3939

会費:\3500 フリーフード&ドリンク
c0119583_2283480.jpg

がおー 悲しい

(写真の作品:京都市で開催されていたイトヘン展の展示作品)
[PR]
by rieglobe | 2009-08-24 02:39

土をかんじる


馬になりたい
c0119583_731246.jpg

キューバの田舎で 土をかんじる



大自然を前に 自分の故郷が思い浮かばない
c0119583_763956.jpg

もっともっと 土を感じたい



17回引越し続けてきたからだろうか



土くささとか その土地らしさに 惹きつけられる
c0119583_77948.jpg

変わらない故郷に あこがれる



戻るべき出身地があることは うつくしい
c0119583_773517.jpg

絶対に ないものねだりだ
c0119583_78212.jpg

スーツケース暮らしに 慣れきってしまった私は



一体 今後どこで暮らしていくのだろうか
c0119583_784615.jpg

どの土地へ戻るのだろうか 
c0119583_793946.jpg

それとも 新しい土の匂いを求めて行くのだろうか
c0119583_710958.jpg

楽しみだけれど コワイ



だから 常に土をかんじていたいのだろう



土くささ 人間くささ シガーくささ
c0119583_7105326.jpg

わたしくささ わたしらしさ
c0119583_7134620.jpg

[PR]
by rieglobe | 2009-08-14 07:15

コトバのいらない表現の場


キューバでシェルビーと街中を歩いていると
c0119583_626381.jpg

いきなり 街の広場でカポエイラ集団を発見


迷いなく いつのまにか 輪に溶け込んでいる
c0119583_6262951.jpg

ハバナの空に鳴り響く太鼓の音と
c0119583_6265126.jpg

宙に舞うシェルビー
c0119583_6272196.jpg

表現の場では 言語さえも必要とされない
c0119583_627496.jpg

わたしにとっての 表現の場は ダンス
c0119583_6315855.jpg

高校時代のメキシカントラウマから始まり



大学時代から始めたハウス ヒップホップ なぜかソーラン節 
c0119583_6323564.jpg

そして3度のブエノスアイレス滞在のきっかけとなった アルゼンチンタンゴ 
c0119583_6325618.jpg

もちろん キューバでは サルサ三昧 
c0119583_6331794.jpg

どこで 何をしていようと 表現の場を 求め続けよう
[PR]
by rieglobe | 2009-08-14 06:54

streetcanvasの溜まり場


ハーバードビジネススクールのキャンパス内で 生まれたアイデアstreetcanvas



日本での活動は6月 東京代官山の一部屋で始まった
c0119583_1391374.jpg

夏の間の仮オフィススペースを提供してくれた 元同期の真吾パパ



5年前 新入社員研修で同じチームになって以来の付き合い



この夏は streetcanvasの強力立ち上げメンバー 
c0119583_133514.jpg

彼の空きアパートをオフィス化するために まずはデスク探し



不況の中 解体作業が進む 近くの物件で 



作業中のお兄ちゃんに声をかけて 板をゆずってもらった
c0119583_134916.jpg

わざわざトラックで アパートまで板を運んでくれた上



鎌田まで二往復して デスク作り用の不用品を届けてくれた  
c0119583_1343091.jpg

新品のモノを買うことに慣れきっていた ホコリレスな心が
 


ヒトの優しさと ホコリまみれなリサイクルの喜びに 



ピカピカ感化された瞬間 
c0119583_1345237.jpg

真吾はブレインの切れ味が良すぎるのに 笑顔がチャイルディッシュ



遊びゴコロ溢れる彼のひとことが全てのきっかけ



「壁にも 表現活動しちゃっていいよ。streetcanvasは表現の場なのだから。」
c0119583_1354866.jpg

容赦なく 躊躇なく 遠慮なく 



絵の具とブラシ スプレー缶を購入し



さっそく 部屋の壁をデコレーション
c0119583_1414498.jpg

久しぶりにブラシをにぎると皆 目がキラキラしている



いたずらな笑顔が見え隠れする 



何かを思いだしたかのようだ
c0119583_142226.jpg

キャンバス地の上ではなくても 絵は描けるのだ



いつでもどこでも 表現しようと思えば 



描くことが出来ることを 忘れてしまっていたのか
c0119583_1425271.jpg

streetcanvasでは もっともっと 絵を描く楽しみを共有していきたい



表現する喜びを 大好きな友達や仲間同士と分かち合う場所にしたい
c0119583_1432891.jpg

少しいたずらな笑顔と 遊びゴコロを生み出すきっかけになれたら
c0119583_1441070.jpg

一輪でも多くのお花と喜びを 育てるきっかけになれたら
c0119583_1443625.jpg

そう思いながら 今日もこの溜まり場に集う
c0119583_13612100.jpg

[PR]
by rieglobe | 2009-08-10 02:29

Pass the Baton.



夏のはじまり 以前勤めていた会社の大先輩 遠山さんに会いに行った
c0119583_043249.jpg

自分が会社やウェブサイトを立ち上げる前



まだまだ やりたい事が 具体化 現実化していない 



むずむずとしたタイミングで



五感溢れる企業理念の持ち主に どうしても会いたかった
c0119583_0542931.jpg

耳に鳴り響いた彼の言葉



「なにごとも 無理だと思わずに 書きとめておくこと」
c0119583_1204914.jpg

10年前 社内ベンチャーとして彼が立ち上げたSoup Stock Tokyoの企画書



10年前に 書きとめておいた事が 実現されている 今
c0119583_121674.jpg

どんな占い師も魔法使いも予言できなくても 



実はカレだけが知っていたのかもしれない



やってみれば 無理なものはない、と。
c0119583_1234828.jpg

年月を経ても 変わらない「想い」と「希望」と



年月を経て 変化をとげながら 生まれる新たなイノチ
c0119583_125241.jpg

リサイクル&リメイクな ものあたたかさ を求めている私たち



まるで 今の時代を描写したかのような 彼がふきこむ新たなイノチ



Pass the Personal Culture.

Pass the Baton.
c0119583_122768.jpg

[PR]
by rieglobe | 2009-08-10 01:26


現在ハーバードビジネススクールMBA留学中。メキシコ・アメリカ・カナダ育ちの日本人。NYかぶれだが、ソウルはラテン。心はニッポン。最大のテーマはCultural Entrepreneurship。
follow me on twitter
以前の記事
人気ジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧