莉恵の地球儀ブログ 



<   2009年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧


アジアとの再会


c0119583_12525760.jpg

ラテンだと思われがちだが



アジア人との結束を感じた 濃厚な一学期だった
c0119583_12532087.jpg

韓国系アメリカ人向けの 教育問題に取り組んでいる イエリーや



香港で音楽活動に励む タミー
c0119583_12534630.jpg

中国の 先進的なネット起業家 レオ



インドで マイクロファイナンスに従事する アルシア
c0119583_1254552.jpg

西洋の教育を受けてきた アジア人たちが



「いま アジアはおもしろい」 と
c0119583_12554576.jpg

次から次へと アメリカを離れ



故郷へ戻るタイミングを見図っている
c0119583_12561851.jpg

今まで 



アメリカでの教育や 職務経験を



世界中のビジネス界が 必要としてきたのに
c0119583_12573084.jpg

アメリカにいま いることが



アメリカ流 プロフェッショナリズムを身につけることが
c0119583_12594233.jpg

成長を続けるアジアで 活躍するために



本当に必要なのだろうか と



みんな どこかで考えている



アジアで 一緒に おもしろいことが したいね と
c0119583_12575843.jpg

でも 早すぎるかもしれない 



いちど戻ったら 居心地の良さから



二度と 自国を離れないかもしれない
c0119583_12581795.jpg

みんな それぞれ 悩んでいる 



野望がある 



そして 卒業に向かって 決断をせざるを得ない
c0119583_12591481.jpg

メリークリスマス!


(写真:ボストンの親友家でのアジア系クリスマスパーティ)
[PR]
by rieglobe | 2009-12-25 13:22

バイキンマン


風邪をひいたまま アルゼンチンに南下したせいか



せきが止まらない
c0119583_1741927.jpg

大きくゆがむ顔 激しく痛む胸 



どんどんカロリーとエネルギーを消費される



必死にのどと舌をくっつけて 心を潤す
c0119583_17413026.jpg

それにしても



バイキンマンをふりまいていると



踊りに誘われないじゃないか




大雨がわたしの窓をたたく 昼下がり



部屋で大人しくしていなさい だとさ。
c0119583_17415147.jpg

[PR]
by rieglobe | 2009-12-22 17:36

四度目のブエノスアイレス


また ブエノスアイレスで暮らしている
c0119583_5372528.jpg

時間の流れを感じない異国の街だからだろうか
c0119583_5392192.jpg

ゆっくりと 過去をふりかえり



じっくりと あす 明後日のことを考えるために



四度目のタイムワープを試みた
c0119583_5394189.jpg

一年半前 会社を辞め ブエノスアイレス宣言をした時も 


 
たくさんの ひとりっきりの時間に恵まれ



ふりかえったり 夢見たりしながら 自分の価値観を試してみた
c0119583_540384.jpg

その後 ハーバードビジネススクールに入学してから



この一年半のあいだ いろいろなコトが起きた
c0119583_543331.jpg

自分自身でも 理解しきれないほど 勢いと想いと流れに任せて 
c0119583_5444839.jpg

想定していなかったコトも 思うがままに 試してみた



エネルギーいっぱい 走りつづけてきた
c0119583_545759.jpg

今回の一人旅で わたしは 何をふりかえり



何を反省し だれを想い この先 何を夢見るのだろうか



どう 動きだすのだろうか
c0119583_548539.jpg

ゆっくりと 自分にストップをかける



この時間が とても たいせつ
c0119583_5481941.jpg

[PR]
by rieglobe | 2009-12-20 05:48

生きるということ


先週 生涯忘れない クリスチェンソン教授との最後の授業だった



理論を通じて 厳しく そして 優しく わたしたちを鍛えぬいてくれた教授が 



いきなり学校から消えた



その間 彼は病院で癌を告知されていた 



悪性リンパ腫 余命は短くて1年



つい前日まで 彼のオフィスに入り浸っていたのに



なんの気配も感じなかった



彼自身も含めて 誰もが気付かなかった 



命とりの悪魔は



わたしたちを教えている この2~3ヶ月の間 



彼の体内で急成長してしまった



急遽入院して 手術を受けなければいけない中



彼は わたしたちとの最後の授業を 教えぬいた



「自分にとって一番大切な授業」だから と



その授業のタイトルは 皮肉にも 「ハピネスについて」
c0119583_5564869.jpg

家族・キャリア・社会・お金 ありとあらゆる面から 



生徒たちと 生きていく「喜び」について 思いを共有し合い



教授は 悲しそうに 物語った



「僕の昔のHBS同級生や 過去の生徒たちは



どんどん 裕福になっていくし 



キャリアや社会的ステータスも申し分ない状態



だけれど 彼らの多くは 家庭が崩壊していて アンハッピーだ



同窓会や再会のたびに 離婚率は増えていくし 



親を見ることなく育つ子供たちを放置して 仕事に明け暮れている





きみたちみたいな 成長意欲のある若いリーダーたちにとって



キャリアの方が 短期間で結果が出せて 



評価されたり 昇進することを通じて やりがいを感じるだろう




素晴らしい家庭を築くことは もっと気長なコミットメントだ



子供が育つのには20年かかるし 社会的インパクトは図れない




でも 目の前のことにばかり集中しているうちに



ひとは じぶんにとって本当に大切なことを忘れてしまう 




誰もが この学校を卒業したときは 素晴らしい家庭を築きたいと思っていたはずだ



あなたたちも 忘れないで欲しい 



何が あなたのハピネスの根源なのか を。」
c0119583_5571071.jpg

彼の最後の授業には 彼を支え続けてきた奥さんと 子供が出席していた



奥さんを愛し続け 立派な子どもたちを育てた彼は 



その謙虚な姿勢の中にも 喜びと誇りを放っていた 



奥さんの手をとり 二人はクラスルームを退出した





期末試験も無事終え 



ハーバードビジネススクール卒業まで 75%完了



資本主義士官校と言われる この学校で学んだ 最大の価値観は



「生きるということは 愛を捧げること」
c0119583_5572440.jpg

[PR]
by rieglobe | 2009-12-18 05:53

ズドンと変化

贈られてきた花が 脳裏に焼きつく香りをふりまき


わたしの目の前で あっという間に 枯れていく
c0119583_3533422.jpg

男性たちが 来ては 去っていく
c0119583_3541162.jpg

じぶんの気持ちも 変わりつづける



ズドンと変化
c0119583_3544057.jpg

学校では チェンジメーカーとして 教育されている
c0119583_3551290.jpg

でも 変化よりも 変革よりも 大切な
c0119583_3583250.jpg

変わらない気持ちがあるはずだ
c0119583_3591325.jpg

それは 教育されるものでもなければ
c0119583_405090.jpg

強制的に 得られるものでもないよう
c0119583_41421.jpg

あなたのゆるがない気持ちは 何ですか?
c0119583_421453.jpg

ズどーん
[PR]
by rieglobe | 2009-12-16 04:10


現在ハーバードビジネススクールMBA留学中。メキシコ・アメリカ・カナダ育ちの日本人。NYかぶれだが、ソウルはラテン。心はニッポン。最大のテーマはCultural Entrepreneurship。
follow me on twitter
以前の記事
人気ジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧