莉恵の地球儀ブログ 



コトバのいらない表現の場


キューバでシェルビーと街中を歩いていると
c0119583_626381.jpg

いきなり 街の広場でカポエイラ集団を発見


迷いなく いつのまにか 輪に溶け込んでいる
c0119583_6262951.jpg

ハバナの空に鳴り響く太鼓の音と
c0119583_6265126.jpg

宙に舞うシェルビー
c0119583_6272196.jpg

表現の場では 言語さえも必要とされない
c0119583_627496.jpg

わたしにとっての 表現の場は ダンス
c0119583_6315855.jpg

高校時代のメキシカントラウマから始まり



大学時代から始めたハウス ヒップホップ なぜかソーラン節 
c0119583_6323564.jpg

そして3度のブエノスアイレス滞在のきっかけとなった アルゼンチンタンゴ 
c0119583_6325618.jpg

もちろん キューバでは サルサ三昧 
c0119583_6331794.jpg

どこで 何をしていようと 表現の場を 求め続けよう
[PR]
# by rieglobe | 2009-08-14 06:54

streetcanvasの溜まり場


ハーバードビジネススクールのキャンパス内で 生まれたアイデアstreetcanvas



日本での活動は6月 東京代官山の一部屋で始まった
c0119583_1391374.jpg

夏の間の仮オフィススペースを提供してくれた 元同期の真吾パパ



5年前 新入社員研修で同じチームになって以来の付き合い



この夏は streetcanvasの強力立ち上げメンバー 
c0119583_133514.jpg

彼の空きアパートをオフィス化するために まずはデスク探し



不況の中 解体作業が進む 近くの物件で 



作業中のお兄ちゃんに声をかけて 板をゆずってもらった
c0119583_134916.jpg

わざわざトラックで アパートまで板を運んでくれた上



鎌田まで二往復して デスク作り用の不用品を届けてくれた  
c0119583_1343091.jpg

新品のモノを買うことに慣れきっていた ホコリレスな心が
 


ヒトの優しさと ホコリまみれなリサイクルの喜びに 



ピカピカ感化された瞬間 
c0119583_1345237.jpg

真吾はブレインの切れ味が良すぎるのに 笑顔がチャイルディッシュ



遊びゴコロ溢れる彼のひとことが全てのきっかけ



「壁にも 表現活動しちゃっていいよ。streetcanvasは表現の場なのだから。」
c0119583_1354866.jpg

容赦なく 躊躇なく 遠慮なく 



絵の具とブラシ スプレー缶を購入し



さっそく 部屋の壁をデコレーション
c0119583_1414498.jpg

久しぶりにブラシをにぎると皆 目がキラキラしている



いたずらな笑顔が見え隠れする 



何かを思いだしたかのようだ
c0119583_142226.jpg

キャンバス地の上ではなくても 絵は描けるのだ



いつでもどこでも 表現しようと思えば 



描くことが出来ることを 忘れてしまっていたのか
c0119583_1425271.jpg

streetcanvasでは もっともっと 絵を描く楽しみを共有していきたい



表現する喜びを 大好きな友達や仲間同士と分かち合う場所にしたい
c0119583_1432891.jpg

少しいたずらな笑顔と 遊びゴコロを生み出すきっかけになれたら
c0119583_1441070.jpg

一輪でも多くのお花と喜びを 育てるきっかけになれたら
c0119583_1443625.jpg

そう思いながら 今日もこの溜まり場に集う
c0119583_13612100.jpg

[PR]
# by rieglobe | 2009-08-10 02:29

Pass the Baton.



夏のはじまり 以前勤めていた会社の大先輩 遠山さんに会いに行った
c0119583_043249.jpg

自分が会社やウェブサイトを立ち上げる前



まだまだ やりたい事が 具体化 現実化していない 



むずむずとしたタイミングで



五感溢れる企業理念の持ち主に どうしても会いたかった
c0119583_0542931.jpg

耳に鳴り響いた彼の言葉



「なにごとも 無理だと思わずに 書きとめておくこと」
c0119583_1204914.jpg

10年前 社内ベンチャーとして彼が立ち上げたSoup Stock Tokyoの企画書



10年前に 書きとめておいた事が 実現されている 今
c0119583_121674.jpg

どんな占い師も魔法使いも予言できなくても 



実はカレだけが知っていたのかもしれない



やってみれば 無理なものはない、と。
c0119583_1234828.jpg

年月を経ても 変わらない「想い」と「希望」と



年月を経て 変化をとげながら 生まれる新たなイノチ
c0119583_125241.jpg

リサイクル&リメイクな ものあたたかさ を求めている私たち



まるで 今の時代を描写したかのような 彼がふきこむ新たなイノチ



Pass the Personal Culture.

Pass the Baton.
c0119583_122768.jpg

[PR]
# by rieglobe | 2009-08-10 01:26

時差を感じない日々


最近 時差を感じなくなってきた
c0119583_23224699.jpg

streetcanvasの活動のために 一時帰国してからずっとだ
c0119583_23242019.jpg

夏休みが始まってから 一ヶ月半で 


ウェブサイトをゼロから創り上げるために イスラエルとやりとりして


Tシャツ印刷工場のある ロサンゼルスとのやりとりも始まって
c0119583_2325213.jpg

でも 日本に太陽がやってくると 目が覚めて 新しい一日が始まる


新しい出会いがある
c0119583_23254746.jpg

日本での残り一ヶ月 なるべくたくさん 日本の太陽を浴びよう
c0119583_2326850.jpg

一番エネルギーが空気の中に潜んでいる 


この瞬間を捉えて 歩き出そう
c0119583_23262840.jpg

[PR]
# by rieglobe | 2009-07-27 23:29

streetcanvas立ち上がりました


Tシャツをメディアに日本のアートを世界発信!

What's streetcanvas?


ストリートキャンバスは、日本のアーティストと


世界中のアート好きが集まるインターネットコミュニティ



ハーバードビジネススクール在学中の 海外暮らしが長い日本人(ワタシ)と


日本好きな外国人同級生2人(ワタシのパートナーたち)が力を併せて 


学校にスポンサーしてもらいながら


「日本のアート力」を世界発信していくために立ち上げたウェブサイトです




オンライン上でのTシャツデザインコンテストが常に開催され


そこで高い評価を得た作品は デザイナーズTシャツとして


ロサンゼルスで製品化され


ネットを通して世界中で販売されます



コミュニティメンバーは コンテストにデザインを投稿するだけではなく


審査員として 好きな作品に投票・コメントしたり


デザインスクールで 世界中のアート好きと交流することもできます


全ページに日英翻訳機能がついているので 英語が話せなくても大丈夫




ストリートキャンバスに参加して


Tシャツをメディアに日本のアートを世界に発信していこう!!

streetcanvas
---------------------------------------

(注)

英語から作りこんでいるバイリンガルサイトのため


まだ日本語の翻訳が足りていなかったり


表現の統一や微妙なフォントの改正など


やらなければいけない事は山積り(汗) 


だけれど ワタシの想いをとにかく一日も早く世に出して


ユーザーになってくれる皆さんからの 率直なフィードバックを通じて 


これから必死に改善を重ねていこうと思っています


是非皆さんにもご覧頂き メンバー登録頂いた上で


率直なフィードバック等いただけたら嬉しいです

Email address: info@streetcanvas.com
[PR]
# by rieglobe | 2009-07-21 14:57


現在ハーバードビジネススクールMBA留学中。メキシコ・アメリカ・カナダ育ちの日本人。NYかぶれだが、ソウルはラテン。心はニッポン。最大のテーマはCultural Entrepreneurship。
follow me on twitter
以前の記事
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧